バルバッコア丸の内でシュラスコ食べ放題に初訪問

スポンサーリンク

シュラスコ

サクッとサラダを食べ終えたところでメインのシュラスコを頂いていきましょう。

こちらのバッチのの面を表にしていると提供されませんが、ひっくり返してにすると席に来て提供してくれる仕組みとなっています。

ソースはこちらの2種類が用意されていて、肉の味を強く感じるようにさっぱりとした味付けのソースでした。

おそらく全種類のお肉を食べたはずなのですが、見た目の違いがわかりにくいものもあるので違ったらすいません 笑

こちらが一番人気のピッカーニャです!

ピッカーニャはイチボと呼ばれ、見ての通り赤身と脂身の割合がちょうどよくとても柔らかい部位となっています。

恐らく多くの人が見たことのあるシュラスコの切り落とすシーンはこれでしょう。

きれいな赤身にこの分厚さ、そしてとてもうまい!

これだけ永遠に食べていたくなるほど味わいがとても良いです( *´艸`)

そしてもう一つのメイン的存在、焼きパイナップル

同じように目の前で切ってくれるのでトングでつかみ皿に移します。

焼かれてあるのでひんやりしたパイナップルではないですが、とにかくジューシー

加熱の影響なのか、普通に食べるよりもめちゃくちゃ甘く感じました。

ただ果汁が多く腹に溜まりやすいこのパイナップル、少し出現頻度が多かったように感じたが気のせいだろうか(。´・ω・)?

他のメニューは多くがこのようにナイフで切って提供してくれます。

左からカイノミ、サーロイン、ランプ

カイノミは脂身が多く塩加減がちょい強めだがいい肉汁だった。

すみません、この辺はマジでどの種類か分からず、、

こちらは鶏のハツで、初めて食べたのですがどんな味だったか記録するのを忘れ覚えておらず(そこまで好みではなかった)

この大きめなのは豚肩ロース、外がカリカリして塩加減も良く期待以上だった。

焼きチーズはとても濃厚で口の中で溶けるようでとても美味!

ソーセージはとても美味しいが特段特別性があるわけではない。

メインのピッカーニャが一番美味しく感じたのでその辺を中心に食べていくようにし、時々パイナップルや別の肉を食べるのが個人的には良いと思う。

カレーなど

サラダバーのとこには定番のカレーと、その隣にフェイジョンというものがあり取ってきた。

フェイジョンとはインゲン豆、もしくはインゲン豆を煮た料理のことのようで、ブラジルの家庭的料理らしい。

お肉屋のカレーは肉がごろごろ入っていることが多いが、ここも例外ではない。

見ての通りたっぷりの牛肉が入っており、味も触感もサラダバーとしては素晴らしい!

こちらのフェイジョンは初めて食べたが、あまりの豆の多さにビックリだ。

味はコンソメ?のような味に感じ、中に入っているソーセージなどとも相性が良くお腹に余裕があればお替りしたいほどだった。

デザート

デザートは全部で10種類ほどと、とても多いわけではないが少ないわけでもない。

左から時計回りにプリン、チョコムース、シフォン、ヨーグルト

ブラジルプリン🍮は少し前にコンビニで流行った固めプリンほどではないが、少し固めの出来。

チョコムースシフォンは美味しいが見たまんまの味という印象。

アサイーとアロエのヨーグルトはさっぱりした味わいとアロエの食感が良き良き。

左下からアホースドーセ、パウンドケーキ、キンジン、キャロットケーキ

アホースドーセはブラジルのデザートで、米を牛乳で煮込みシナモンやコンデンスミルクで味付けしたもの。

おかゆのように液に浸されたコメはあまり好きではないがこちらはかなり美味しくお替りもしてしまうほど♪

パウンドケーキはバナナが使われていて美味しいが意外性はなく、キャロットケーキも同様。

キンジンは味の説明が良く分からないが、噛むとしゃくしゃくした音がした甘く少し不思議なケーキ。

隣にはアイスがあり、その上にはこのように5種類ほどの少し変わったトッピングが置かれていた。

個人的には生キャラメルが置かれていたのが高ポイント( *´艸`)

とまぁこんな感じで初のバルバッコアさんを楽しんできました。

ごちそうさまでした_(._.)_

感想

人気のお店だけあり、とても満足度の高い内容でした!

人見知りの激しい僕だが、シュラスコ配る外人の店員さんがとても優しく対応してくれるのであまり緊張せずに済みホントに良かった笑

サラダ&デザートもあまり期待していなかった分、サラダバーだけでも販売していないのか気になるほどに好印象👍

近いうちにリピートするということはないが、いずれまた行こうと思うほど良き食べ放題でした!(^^)!

コメント

タイトルとURLをコピーしました